toggle
大人の女性のためのリラックスケアサロン・ラピスラズリ・LAPIS LAZULI
2019-08-28

喜びの食事と生きる食事はちがう

「食事で治せない病気は医者でも治せない」

「食べ物を汝の医者とも薬ともせよ」

古代ギリシャの医者ヒポクラテスの言葉です

今まで私は病気はお医者さんが治してくれる。

と普通に考えていたので驚きました

自分は無力で

お医者さんやクスリが治してくれるって考えていたからです

でもそうじゃなかった!

教えてくださったのは

玄米酵素(株)の相談役道見さん

74歳で全国をまわって食事の講座を開いています

ものすごく元気、明るい、面白い🤣

今日食べたものが私の栄養になってからだを作ってくれる

免疫をたかめてカラダを守ってくれていた

今日、私は何を食べた?

家族に何を食べさせたか?

これからなにを食べてカラダを健康にして命をはぐくんでいくか

とてもとても考えさせられた日になりました

お店に行けば何でも売っている

レストランに行けば好きなものを食べることができる今。

好きなものを食べる喜びの食事はあふれています

子供にも今日何が食べたい?

なんて聞いてハンバーグを作ったり

ポテトチップスを買ってきたり

子供も私もニコニコ

でもカラダはサビていく

免疫の兵隊の守りが弱くなっていく。

知っているのと知らないのでは大違いだった

焼肉とかバイキングとか

喜びの食事はたまにはいいよね

でも、毎日の食事は生きるための食事を食べよう❗️

明日も10年後も30年後も笑いあっていたいから

関連記事